smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
profile
others
みんなのブログポータル JUGEM
search this site.
news
sponsored links
other
あわせて読みたいブログパーツ
new entries
categories
recent comment
archives
recent trackback
mobile
qrcode
<< ホステル宿泊のアレコレ(持ち物編) | main | 2012年個人的なジャニーズ10大ニュース >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

2011年個人的なジャニーズ10大ニュース

■お久しぶりです。毎年この時期に、個人的なジャニーズ10大ニュースっていう企画を上げてるので、今年も続けてみようと思います。……と書いたのは12月31日だったんですが、気づいたらもう年が明けてました。あけましておめでとうございます。そしてさらに書いてから成人式とセンター試験が終わりました。寒中お見舞い申し上げます。

ということでまず去年……というか2010年を振り返ってみるとこうでした。

2010年個人的なジャニーズ10大ニュース
 1.嵐ますますブレイク
 2.赤西仁「Yellow Gold Tour 3010」
 3.TOKIO&嵐5時間半リレー決定
 4.嵐アルバム売上世界チャート36位
 5.SMAP×SMAP新春SPでたぐちブレイク
 6.「天国に一番近い男」DVD発売
 7.KAT-TUN「D-Motion」
 8.KAT-TUN大阪公演(オールスタンディングライブ)
 9.たぐちプロデュース「GIRLS」
 10.たぐちのヒゲ初披露

見返してびっくりしたのは4位の嵐世界チャート36位かな……。いやはやすっかり忘れてたけど、えらいことになってたんですね。

では2011年個人的なジャニーズ10大ニュース。

 1.嵐ブレイクして成熟
 2.KAT-TUNコンサートツアー中止
 3.JIN AKANISHIプロジェクト
 4.ジャニーズWEBスマートフォン対応
 5.入口出口田口ゲーム流行
 6.TOKIO&嵐5時間半リレー定着
 7.たぐち刈り上げヘア定着
 8.たぐちジャニーズWEBで連載開始
 9.ドラマ「犬を飼うということ」
 10.ゾロ・ザ・ミュージカル

正直なところ、今年は「ジャニーズごとがなかった」「なのでおこづかい口座の預金額が7桁超えた」っていうのが個人的に一番インパクトあったんですが、基本的によくないニュースは取り上げたくないので、こんなかんじになりました。うんホントは「AKB商法大成功でジャニーさんの心が折れる」(ABC-ZがDVDデビュー)っていうのもかなり大きなニュースでしたよ……嵐っていう柱の陰で、ジャニーズの方向性がいろいろ変わったなあと感じる年でもありました。

1位はここんとこずっと続いてますが、実際嵐さんに関しては、ここのところずっと口をあんぐり開けて活躍ぶりを見ているような感覚です。今年はとりあえずトップまで行った勢いを、そろそろ30歳っていう年齢的な条件も加味しつつ、安定したものに持っていったっていう印象ですね。ベンチャー企業の嵐が上場したのが去年なら、そのもとで足場を固めつつ、次の象限に向かって着々と力を蓄えていたのが今年というかんじです。
2位は「よくないニュース」なんですが、やっぱり今年を象徴するものとして取り上げておこうと思います。このツアーに関しては、必ずしも震災だけが理由ではないと思いますが、震災を理由に挙げたできごととしては、全ジャニーズで一番大きなダメージだったといえるんじゃないのかなあ。それだけ大きなできごとだったと感じるだけに、本人たちにとってもこれが一度頭のなかを整理し直すきっかけになってればいいなあと思います。「冠番組が10回限定」っていうのもここに入るかな。

3位は、最初8位くらいに入れてたんですが、他の項目を入れてみたらここまで上がってきました。やっぱり前代未聞の面白いことをしているっていうのが刺激的でした。試行錯誤もあるようですが、TwitterとかYoutubeとか、ジャニーズにおける今後のWEB戦略のテストケースになってるのかなと感じるものも多かったですね。
4位は3位にも若干カブる内容ですが、ジャニーズの新しいツールということで。今後重いのがどうにかなるといいなあ(笑)。

5位は入口出口ネタがいよいよ市民権を得たな、と。Twitter見てると、ホント実際にそれで遊んでる学生さんが結構いたり、知人から教えてもらったとか言ってるひとがいたりして、おたくなファン層から離れたところでの「流行」を実感します。カツンにおけるメンバーの比重っていま7割くらいが亀梨くんで、あとが他のメンバーだと思うんですが、そんな名前すら覚えてもらえるかどうかあやしい立場のひとが、広く知られる手段を持ってるっていうことが頼もしくあり、またその手法が従来のジャニーズタレントとかけ離れてるところが面白いですね。

6位はまあこのままいってもらいたいものです(^-^)。欲を言えばもうちょっとしっかり絡んでもらいたいけども。7位はガラッと顔変わりましたからね。どれだけ切っても韓流ヘアだと言われてるのがちょっとおかしい……(笑)。個人的にはまつおかくんみたいな髪型でもべつにいいんですが、雰囲気イケメン集団のカツンにいるとああいうモードヘアは浮くわけよ! ただでさえ身長が浮いてるのに! 浮いてるっていうのは良さを理解されない空間にいるっていう状態なので、どうにかなればいいなあとおもいます。いやホントVOGUEとかに載ってたら全然違和感ないだろうになあ……。

8位はどういう経緯で始まったのかよくわかりませんが、仕事がないなかで新たに作り出してるっていう点がポイントですね。ただ内輪ネタが多いので、もうちょっと個人として広い視点からのアプローチがあればいいなあと思います。そして9位は今年唯一の全国的な仕事なので!(;▽;)まあとりあげておこうね!(;▽;)

10位は自分が見に行ったというだけですが。あいかわらずすばらしかったです(^-^)。田口くんてこういうのは見に行かないのかなあ。


と、いうところです。では既に年が明けていますが、今年もよろしくお願いします!



イエゴー3010の総括は近いうちにちゃんと載せますよ……(^^;)。

at 01:23, ゆま, ジャニーズ総合

-, -

スポンサーサイト

at 01:23, スポンサードリンク, -

-, -