smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
profile
others
みんなのブログポータル JUGEM
search this site.
news
sponsored links
other
あわせて読みたいブログパーツ
new entries
categories
recent comment
archives
recent trackback
mobile
qrcode
<< ホステル宿泊のアレコレ(宿選び編) | main | 2011年個人的なジャニーズ10大ニュース >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

ホステル宿泊のアレコレ(持ち物編)

■さてホステルの予約ができました。次は持ち物の話です。簡易宿泊所なのでふつうのホテルと同じようにはいきません。ベッドとシーツ貸してくれるだけです(ごはん出るところもあるけど)。その他は自分で用意する必要があります。

以下、わたしが愛用しているモノを挙げていきます。

・セームタオル
タオルのレンタルはないので、自分で用意していくわけですが、タオルって結構かさばるんですよね。しかも乾くまでに時間がかかる。というところで大活躍するのがコレです。バックパッカーの必携アイテムだと聞きましたが、本来は水泳選手なんかがプールサイドで使うものらしいです。スポンジを凝縮したような特殊な生地でできていて、びしょ濡れになっても絞ればすぐ吸水性が復活します。わたしはフェイスタオルよりひとまわり小さいものを使ってますが、超ロングヘアを洗髪しても1枚で充分(^-^)。よく乾いたコットンのタオルを使ったときのような爽快感はないですが、持ち運びを考えるとコレ一択ですね。夜使っても、翌朝にはカラッと乾いてます。

・3口タップ
旅行に電化製品なんか持ってかないわ☆ってひとには不要ですが、そうでないひとの場合は必携です。わたしの場合、ケータイ(海外旅行にiPhone超便利)、リチウムイオン電池(主にiPhone用)、デジタルカメラ用充電池、PCと、毎日充電しておきたいモノがもりだくさんなんですね。でも宿によっては、コンセントが足りない!という事態も生じかねないわけです。相部屋なら尚更です。そこで3口タップです。べつに4口でも5口でもいいですがとにかく複数口タップです。ついでに変換プラグを兼ねたものであれば最強です。詳細は記事下段のリンク参照です。
ちなみにわたしは最初100均にあるようなふっつーの3口タップを持って行ったんですが(行き先は香港)、コンセントに突っ込んだ瞬間火花噴いて壊れました(^0^;)(香港は電圧220V)。ちゃんと専用のものを用意したほうがいいです(^^;)。

・トラベルシーツ
最近のホステルはたいていシーツつきなんですが、ちょっと前にアメリカでベッドバグ(南京虫、トコジラミ)が問題になりましたよね? 高級ホテルですら危ないと。で、せめてもの予防にと、自分でスリーピングシーツを持ち込むことにしました。基本的にホステルのシーツってめちゃくちゃ糊がきいているので、ごわごわするといえばごわごわするんですね。そのゴワゴワを和らげてくれるという一面もあります。

・サンダル
これは文化の違いへの対応ってことでもあると思うんですけども。ホステルは基本的にアウトバス、仮にそうでなくてもバスルームは共同なわけですが、大浴場的な場所があるのってたぶん日本くらい。というわけでシャワーを浴びるときなんかにサンダルがあると便利です(^-^)。なんでもいいので濡れても大丈夫なやつ。
ちなみにわたしはコレに加えて、室内履きとして、ホテルなんかにあるタオル地のスリッパ(うちに大量にある)を持って行きます。帰りは捨てて帰れるしね。

・南京錠、ワイヤーロック
最近は鍵付きロッカーも多いんですが、たまに鍵がついてないこともあるので念のため南京錠を持参します。わたしは鍵を紛失するリスクがないダイヤルロック式のものを使ってます……というかまだほとんど使ったことがないので「持って行きます」。そして、ロッカーによってはその南京錠が通らない穴しか開いてないモノもあるので!どんな小さな穴しかなくても大丈夫なようにワイヤーロックを持っていきます。
多少前回の繰り返しになりますが、基本的に他人のカバンのなかを漁ってまでどうにかしようとするようなひとって滅多にいないと思うので、スーツケースとかバックパックとかにちゃんと収納しておけば、盗難ってそんなに心配ないんじゃないかなあというのがわたしの感触(当座の現金とかパスポートとかの貴重品は基本的に肌身離さず持ち歩きます。寝るときは町歩き用のバッグに入れて枕元。でも貴重品類をバスルームまで持って行ってたのって、わたしくらいしかいなかったような気がする。たぶんみんなバッグの奥底とかに入れてる。ちなみにPCは「隠して収納」を心がけています。ロッカーとかスーツケースのなかとか布団の中とか。あとスーパーのビニール袋なんかは触るとガサガサ音がするので防犯に使えます(^-^)。寝るときなんかにバッグの一番上とかに入れておいて、開けられたらすぐわかるようにしておいたりします)。


上海のホステル(ここはユースホステル協会直営じゃなかった)。こんなかんじで貴重品以外は放り出してるひとがけっこう多いです……(わたしは片付けるけど!)。ロッカーも右ふたつは鍵かかってないですね。

・マグライト等
相部屋なので、夜遅くなると明かりが消えていたりします。さすがにそんなときには電気を点けられないので(ので、帰りが遅くなるとわかってるときは、バスグッズとか必要なものをすぐ取り出せるようにしておくと便利)、マグライト的なものを持っていると便利です。わたしはキーホルダー型のLEDライトを持ち歩いています。こういうの。100均にもあると思う。

・洗剤
洗濯機を使うなら洗剤。自分で小分けにしてもいいけどトラベル用の小パックも売ってます。洗濯室にも売ってたりするけども、男のコも使う空間だからか女子部屋よりなんか荒んでることが多くて、壊れてたりすることも結構ある……気がする。まああと日本製のほうが安心とかもあったり。

・ケラスターゼのシャンプー
おまけ。石鹸・シャンプー類も自分で持ち込む必要があるわけですが、ケラスターゼのシャンプーはリンスとかトリートメントとかなくても大丈夫なので便利ですよ(^-^)。

ちなみに持ち物を収めるバッグ類はですね。欧米人はでっかいバックパックを使ってるひとが多いです(で、ロッカーに入らないのでそのへんに放置している)。でもべつにスーツケースでも大丈夫です。わたしはバックパッカーっぽい格好っていうのに抵抗があることもあって、キャリーバッグかスーツケースを持って行ってますね。鍵かかるし破れることもないし(タイヤが壊れたら終わりですけどね……東京行ったときにタイヤが壊れて捨てて帰ったことがありました)。

あとはS字フック(なくてもいいけどあると便利なときもある)とかリセッシュとか、普通の旅行で使うようなものですかね。



at 00:04, ゆま, 旅行記を含むジャニーズ総合

-, -

スポンサーサイト

at 00:04, スポンサードリンク, -

-, -