smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
profile
others
みんなのブログポータル JUGEM
search this site.
news
sponsored links
other
あわせて読みたいブログパーツ
new entries
categories
recent comment
archives
recent trackback
mobile
qrcode
<< 宿題くんと嵐ちゃんとカートゥンKAT-TUNと5LDKとDASH | main | TVナビ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

友&仁(2/16)のたぐちレポ

■←にある月別カレンダーをみると、ああわたしって水曜ないし木曜と土日しか更新してないんだ……としみじみします(笑)。水〜木曜はかーつんかつんがあるので上げて、週末はあそんで、金曜日の深夜の、土曜日にさしかかった頃に1週間のまとめ的に書き上げて、っていう……。まーあとブラウザの調子が悪かったっていうのもあったんですけどね2月3月は。4月から水〜木曜日の更新理由がなくなるので、なんかそのへんはいままですっとばしてたものでも書こうかなとおもいます。つまり大昔のネタ上げるけどきにしないでね☆ってことです(笑)。

■で、そのとっかかりとして、とり急ぎコレ上げておこうかなと。「友&仁」2/16のたぐちレポです。……いやホントごめんなさいたぐちくんの話だけで(^^;)。コンサート全体を詳細にふりかえるのはやっぱりちょっと時間がかかるのと(たぐちくんがラジオでオープニングの様子バーッとしゃべってるのホントにすごいと思った(^^;))、既にいろんなところにたくさんレポも上がってるので、ま、また今度に(^^;)。

というわけで。
たぐちくんとなかまるくんのお席はCG席(中2階)正面ブロックの最後列、下手の端でした。すぐそばにドアがあって、一番出入りしやすい席ですね。で、たぐちくんが通路側で、なかまるくんが内側。なかまるくんの隣は一般客でした。
入ってきたのはもちろん開演直前です。やっぱりスタッフが連れてくるので目立ちます。入ってくるとすぐに会場大歓声でオールスタンディング状態(笑)。先になかまるくんが歩いてて、そのあとにたぐちくん。たぐちくんは白いライン入りの黒ハットに黒のロングジャケットで、ちらっと見えるインナーは明るいオレンジ。太い黒縁のメガネを掛けてました。何回も書いたけどコレがかっこいいの(><)。漆黒のおようふくとハットの間から金髪がのぞいてて、その色合いのコントラストもハッとするくらいかっこよくてね(><)(いやダジャレじゃないよ(^^;))。第一印象は「金髪のすごくかっこいいプロポーションの人(><)」でした。
おふたりとも入ってきてすぐ席に着いたので、わたしがなかまるくんに気づいたのは着席後のことでした。なかまるくんは、青系のきれいめカジュアルのお洋服だったかな。雑誌でもよく着てるよーなかんじの。実は顔全体は手前の客に遮られてよく見えなかったんですが、お鼻のカーブでなかまるくんだと気づきました(笑)。

で、すぐに開演だったわけですが、……えーとまあわたしのお席は、この日初めて存在に気づいた歌詞ディスプレイを見ようとすると、自然にたぐちくんが目に入る席だったんですよ(^^;)。となりのおともだちはなかまるくんしか見えないってゆってたので、ホント1席違うだけで見えるか見えないかってとこだったんだとおもいます(わたしはなかまるくんが見えなかった)。ので公演中もちょこちょこたぐちくんが見えてたの(^^;;)。あのあのふだんからステージガン見っていうタイプでもなくて、スタッフの動きとか客席の様子とか見てるほうでね(^^;;;)
といいわけしてですね(^^;)

たぐちくんはホントにたのしそうに見てました。最初にかけてたメガネもすぐに取って、ずーっとリズムに乗って揺れてました。このライブはとにかく踊れるノリのよさがたのしかったとゆーのがわたしの感想なんですが、たぐちくんもそういうところを全身で享受してるよーな印象でした。一般客だったら踊ってたんじゃないのかな(笑)。
しかし考えてみたらこのひと、自分が踊れる曲(参加したことのある曲)が3曲もあったわけなので、ふつうのひととはまた違うたのしさがあったかもしれないですね。

休憩時間はたぐちくんもなかまるくんも当然席を外してましたが、お席には客が交互に座りにきてました(笑)。ホントに列ができてた(笑)。わたしは見にだけいきました(笑)。どういう視界なのかなーと思って。やっぱりすごく見やすいお席みたいでした。全体を見下ろせるんだけどあかにしくんの帽子のてっぺんしか見えないよーな角度ではないっていう(笑)。ただたぐちくんたちの前に座ってた客がものすごい前のめり客でね(^^;)。柵にかじりつきでね(まあ絶対後ろから注意されることないもんね……(^^;))。ちょ、ちょっとそこはちゃんと見えたのかしらと心配になったりもしてたんですが、まあ思った以上に傾斜があったから大丈夫だったのかなあ……と思ったり。

たぐちくんたちは2幕(といえばいいのかな)が始まる直前にお席へ戻ってきました。なかまるくんはマスク(ふつうに薬局に売ってるよーな白いマスク)つきで、たぐちくんはもーメガネはずしてましたね。で、やっぱり大歓声のオールスタンディング状態になったので、たぐちくんは声に応えるよーにちょっと手を上げて。そしたらなかまるくんも負けじと両手上げて大きなアピールして(笑)。さらに大歓声。でもその後はふたりともすぐ席について開演を待ってました。たぐちくんは周りの客から「入口! 入口!」っていりぐちでぐちをせがまれてたけど完全にスルー。そのお顔がまたたいへんクールでお美しくてかっこよかったのです(><)(※このブログはこういうテンションでおとどけしています)。

ライブの後半はあかにしくんが客席に降りてくる場面がありますが、あかにしくんはそこでたぐちくんたちに向かって手を振ってました(^-^)。まさかそんなことがあると思わなかったので(笑)そのときのたぐちくんたちの反応は不明です。ニコニコしててすごくかわいいお手振りでした。ええあかにしくんやっぱり全体的にはかっこいいかんじでやってたので、その瞬間のフワッとしたかわいい表情が印象的でした(……まあ、たぐちくんたちの前では前述の前のめり組がかなり必死で手を振ってたりもしたんだけど、あかにしくんだしたぐちくんたちに向けたんじゃないかなと(笑))。

たぐちくんはかっこよかったのがね、最後に退席するときでね(><)。えーとフィナーレの、ホントに最後の最後で退席してたんですが(こんなギリギリまでいるんだってちょっとびっくりしたくらい)、席を立ってドアへ移動する間に、ステージのあかにしくんに向かって、ロック調に腕回しながら2回指差ししてたの(><)(><)(なかまるくんはふつうに手を振ってた(笑))。以前Dモーションのノリだって書いたのはそのへんのことです。かっこつけててかっこいいの(><)。2010年いちばんかっこいいたぐちくんを見た(><)ってキモチでございました。

ちなみにこの日来てたバンデージの笠原君は、11日に平成ジャンプのみなさんが座ってたのと同じ席にいました。ご招待席なんでしょーね。ただたぐちくんたちと同じよーにスタッフに案内されてた平成ジャンプと違って、ふつうに開演前に来てふつうに出ていきました。そして笠原くんの隣はコバタケさんにすごく似た顔のひとでした(笑)(おもしろいくらい似てたけど小柄だったから確実に別人)。笠原君、バンデージの曲やってるときは興奮ぎみに見てた……とおともだちがゆってました(笑)。

……と、いまごろ書いたのはまあ、以前もエントリーしましたけども、ホントこのライブは、「カツンじゃできないことを個人でやってみたいあかにしくんを尊重する」っていう意味で、メンバーが行かない(カツンであることを匂わせない)っていうのもアリかなと思ってたわけですよ。でも実際はそんなことなくて、たぐちくんとかホントたのしそうに見てて、後から楽屋で会うのに公演中にも手を振ったりなんかしてて、あーあかにしくんにとって、あるいは他のメンバーにとって、あかにしくんの個人活動とカツンっていうのはべつにシビアに分けるよーなものじゃないんだなーとしみじみ思ったわけですね。それがいまちょっとタイムリーかなと思って上げてみました。というところです。わたしがいまケロッとしてる理由のひとつがコレですよって話です(あとはさー昔さー某ジャニーズのひとがさー、ある仕事でハリウッドの役者兼監督さんと縁ができたあと、ホントにそっちの作品に誘われてね。でも初だったか二度目だったかの主演連ドラがあったから断るしかなかったっていう話を、ご本人に近いところで働いてたひとから教えてもらって、すごく残念だったよねーってみんなでゆってたことがあるからっていうのもたぶん理由のひとつ……まあとてもいい作品だったんですけどねその連ドラも。でもチャンスやタイミングってホント運命的なものなんだと思うよね)

JUGEMテーマ:KAT-TUN

at 02:28, ゆま, KAT-TUNコンサートレポート

comments(1), -

スポンサーサイト

at 02:28, スポンサードリンク, -

-, -

comment
kazu, 2010/03/29 11:00 PM

田口君の様子、楽しみに待っておりましたので本当に嬉しかったです。
なかなか、田口君目線で語れるところに遭遇することができないのでありがたいです。
田口君を目にするのがメディア以外にないのと田口君目線で語られてるところが少ないのとで私にとっては、ゆまさまのブログは貴重で毎日楽しみにお伺いして、あつかましくコメントまでする様になりましたが、これからも楽しみにしておりますのでよろしくお願いいたします。